親知らず | 一宮市のインプラントセンター・オーキッド歯科

Flow

親知らずの治療の流れ

1. 当日の体調確認

処置を施していく前に、患者様の体調をチェックします。
気分が悪くないか、前日に飲酒されていないかといった項目で確認していきます。もしも体調が芳しくない場合は後日ご予約していただくかたちとなります。
問題がなければ治療開始となります。

2. 痛くない治療のための麻酔

歯を抜くうえで一番気になるのはやはり「痛み」ではないでしょうか。
その痛みをなくすために麻酔を打つのですが、その麻酔自体が痛いものだというイメージがあるかと思います。
当院では麻酔時の痛みを無くす工夫を凝らしておりますのでご安心ください。
何か不安があれば、いつでもご相談ください。

安心

 2-Ⅰ. 抜歯

いよいよ抜歯に入っていきます。歯と骨の間には歯根膜と呼ばれるクッションとなる膜が存在しています。この歯根膜から歯を引き離すことこそが抜歯なのです。
麻酔が効いているので基本的に痛みはなく、少し圧力がかかっているような違和感がある程度なのでそこだけ我慢してくださいね。ですがもしも、痛みを感じるようでしたら麻酔を追加しますのでいつでも合図をしておっしゃってください。
親知らずが骨の奥まで埋まってしまっている方は、周りの歯や骨を削ってから歯を抜く必要があるので、お口を開けている時間が長くなり大変だと思いますが、私達も全力でサポートしますので一緒に頑張りましょう。

 2-Ⅱ. 縫合

歯を抜いた後には穴が空いており、そこに血液が溜まり、かさぶたができることによって、少しずつ綺麗な歯茎になっていくのです。
そのかさぶたを出来やすくするために傷口を縫い合わせて小さくしたり、穴のサイズに合わせて止血用のスポンジを入れておいたりします。
ちなみに麻酔の持続時間は約1時間から長くても3時間ほどです。もし痛みが心配な方がいらっしゃいましたら遠慮なくおっしゃってください。痛み止めをお出ししますので麻酔が切れる前にお飲みください。

 2-Ⅲ. 止血

出血を早く止めるためにガーゼを用いて圧迫止血をしていきます。抜歯後の腫れや痛みを少しでもなくすためには、いかに止血を早くするかが肝心なのです。
およそ30分から1時間程度ガーゼを強く噛んでいてください。そうすることにより、かさぶたを早く作り、完治も早まります。
もしも血液をサラサラにする薬を服用されている方がいらっしゃいましたら事前におっしゃってください。そういう方は止血に時間がかかってしまうとは思いますが、必ずかさぶたはできますので、一緒に根気強く頑張りましょう。

3. 抜歯後の説明・注意事項の説明

抜歯終了後に、今後の注意点を説明させていただきます。
注意事項の書かれた紙もお渡ししますのでそちらも参考になさってください。

4. 消毒

翌日、抜歯した部分の消毒をします。5分程度の簡単な処置なのですぐに終了します。
腫れがひどい場合は点滴による抗生物質投与が必要な場合があります。こちらの点滴は60分程度かかります。
これらは必要な処置ですので、お忙しいとは思いますが必ずお越しいただくようお願い致します。

5. 抜糸

縫合した箇所の糸を抜いていきます。抜糸も痛そうと思われるかもしれませんが、痛みはほとんど伴いませんのでご安心ください。
以上で抜歯治療は終了です。
その後も何か少しでも気になることがあればいつでもご連絡ください。

About

親知らずとは

週末を利用して親知らずを治療しませんか?

親知らず(親不知)とは、最後に生えてくる一番奥の永久歯のことです。具体的には前歯から数えて8番目にある大臼歯(大人の奥歯)を指します。乳児の歯と違いだいたい10代後半~20代前半に生え始めるため、「親知らず」な歯というわけです。
歯科業界では智歯(ちし)と呼びます。

親知らずがまっすぐ生えており、上下の歯がしっかりと噛み合っている場合は抜歯する必要はなく、むしろ機能する自分の歯を余分に手に入れたということなのでそういった親知らずをお持ちの方は大切にしてあげてください。

しかし、横向きに生えていたり、傾いて生えている場合は隣の奥歯との間に隙間ができて細菌が繁殖しやすくなり、膿み、腫れ、痛みが生じることがあります。
また、親知らずは一番奥にあり、歯みがきがしづらく、加えて周囲の歯と隙間が空いていると汚れがたまりやすいので虫歯になる確率の高い歯であるといえます。

ですが、親知らずの虫歯を放置するのはあまり良くありません
炎症が神経まで広がり、歯茎や顎の骨まで溶かしてしまうこともあります。
そうなってしまうと周りの歯まで抜かなければならないことになるので、そうなる前に歯科医に相談したうえで抜歯することをおすすめします。

歯が痛い女性

Examination

親知らずの診察について

親知らずに関して何か気になることがあれば、まずはご予約くださいませ。
初回は、検査や説明が中心となります。
当日のご予約も受け付けておりますので、まずは予約状況をお電話でご確認ください。(予約状況次第でお待ちいただくこともあります。お電話でその旨もお伝え致しますので、お気軽にお尋ねください。)
初めての方は、忘れずに保険証をお持ちください。

ご来院後、最初に問診をいたしますので現在のお口の状況がどのようなものなのか、スタッフにお伝え下さい。
「一番奥の歯に違和感がある。」、「親知らずの痛みがおさまらない」、「他院ではこう言われたが本当にそうなの?」といった歯科医院に対する不安や要望等何でもご相談ください。

ひとまずレントゲン撮影をしてから、具体的な話をお伺いします。その後、お口の中を拝見させていただき親知らずの状態を確認したうえで、写真と診査結果に基づき、今後の処置を決定していきます。

抜歯していく方向で進めていくのか、このまま経過観察していくのかを理由をしっかりと明示したうえで、患者様に納得していただけるように丁寧に説明いたします。
抜歯していく場合、今後の治療の流れや治療内容、かかる時間について説明していきます。

問診

無料相談・ご予約・その他お問い合わせ

  tel:0586-76-7722  implant_contact_mail