自家歯牙移植 | 一宮市の歯科ならオーキッド歯科へ

About

自家歯牙移植とは

抜いた親知らずを、別の歯を抜いた箇所に移植できます

自家歯牙移植とは 保存不可能になってしまった部位に、
歯を抜いた直後に智歯(親知らず)を移植する口腔外科的手術です。
最近ではいろいろな応用もなされインプラントとともに歯科再建修復治療で重要な役割を担ってまいりました。
まだまだ一般的には普及しておりませんが、移植の対象歯は基本的に不要な智歯や歯列から
横にはみ出し抜歯の必要性もある臼歯を利用する場合がほとんどです。

Flow

治療の流れ

1.診査と治療計画

愛知県一宮市の医療法人オーキット会オーキッド歯科自家歯牙移植の流れ1
まずレントゲン等で十分な検査を行い、移植可能かどうかを調べ、治療計画を立てます。

2.移植の準備

愛知県一宮市の医療法人オーキット会オーキッド歯科自家歯牙移植の流れ2
保存不可能である第二大臼歯の抜歯を行います。

3.移植床の形成

愛知県一宮市の医療法人オーキット会オーキッド歯科自家歯牙移植の流れ3
智歯(親知らず)を抜歯し、その根形態に合わせ、第二大臼歯抜歯窩の形態を整えます。

4.智歯(親知らず)の移植

愛知県一宮市の医療法人オーキット会オーキッド歯科自家歯牙移植の流れ4
第二大臼歯抜歯窩に智歯(親知らず)を移植し、必要に応じて数週間固定します。

5.修復処置の完了

愛知県一宮市の医療法人オーキット会オーキッド歯科自家歯牙移植の流れ5
2~3週後より通法の保存治療を行ない、安定を待って修復処置を完了させます。

無料相談・ご予約・その他お問い合わせ

  tel:0586-76-7722  implant_contact_mail

インプラントや治療の相談
電話する
些細なお悩みや診療時間外
メールする